MENU

平日だけでなく土日・祝日もカードローンから即日融資を受ける方法はある?

↓アイフルの申込み詳細について確認してみる↓

 

 

 

 

 

 

最近のカードローンは平日・午前中の申し込みであれば、消費者金融系も銀行系も即日融資に対応できるのが当たり前になりつつあります。

 

ただ、急な出費で資金繰りに困ってしまうのは土日などの休日であっても同じこと、そんな時もカードローンは即日融資の希望に応えてくれるのでしょうか?

 

 

無人契約機なら土日や祝日も稼動している

 

様々なエリアに多数設置されている消費者金融の無人契約機ですが、年中無休の無人契約機なら土日や祝日の即日融資にも対応している場合もあります。ただし、いざ無人契約機へと足を運ぶ前に、1点だけ確認が必要です。

 

もしもご自身が利用している銀行がその無人契約機を設置している消費者金融と業務提携していなければ、審査自体は即日で完了しても、融資金額は即日で振り込み完了とはならない可能性が出てくるのです。

 

急ぎで借り入れを行いたくても、銀行との提携がなされていないばかりに融資が1日以上遅れてしまうようであれば、申し込みをする意味がないということもあるかもしれませんから、消費者金融の無人契約機からの申し込みを行う前にしっかりとホームページなどでチェックしましょう。

 

申し込みをインターネットで済ませておくと無人機での待ち時間が短縮される

 

無人契約機での審査手続きを行う前に、ご自宅のパソコン、あるいはスマートフォンからインターネット申し込みを済ませておくと、無人契約機で審査結果が出るまでの時間を短縮させることが可能です。

 

初めて無人機を操作して融資を申し込むという方は不慣れなために緊張したり、慌ててしまって思いの外手間取ることがあるかも知れませんが、事前に審査申し込みを済ませてから無人機に向かうだけでも気持ちが軽くなるはずです。

 

平日・休日問わず即日融資を受ける手段として最もスピーディーなのは無人機ですから、利用しやすい場所を予め探しておくことをおすすめします。

 

※今すぐお金を借りたい場合はこちらも参考に!カードローン比較プラス

 

 

初めてアイフルを申し込む時の審査について

アイフルを始めて申し込む場合は、ネット、店頭、専用ダイヤルから手続きができます。審査時間は、9時〜21時までとなっていますので、その間に申し込みをして、審査が通るようにすることがコツです。しかし、ネットで申し込みをしても入力ミスがあると、審査に時間がかかってしまいます。ネット操作に自信のない方は、電話で申し込みをするという方法で早く的確に行うことができます。

 

融資を急いでいる場合は、ネットから申し込みをした後、専用フリーダイヤルに連絡をすると、優先して審査を開始してもううことができます。審査が通った後は、ネットで申し込みの際に、振込予約をすることもできます。その場合、14時までに手続きを完了させる必要がありますので、早めに申し込み手続きを開始しましょう。

 

公式サイトの1秒審査

自分の年収を考えると、融資が可能なのか、いくら融資してもらえるのかが、気になります。申し込みをしてから、断られてショックを受けるよりも、事前に融資可否を知る方法があったら便利ですよね。アイフルの公式サイトには、1秒審査というツールが設置されています。

 

年収・雇用形態・年収・他社借入金額を入力して、診断開始ボタンをクリックするだけで、すぐに結果が表示されます。本審査の結果によっては、審査落ちする場合もありますが、おおよその目安として申し込みができるかどうかを確かめることができます。しかし、ツールを利用すると、意外とハードルが低いことが分かるでしょう。

 

アイフルの公式サイトはコチラ

 

すぐに現金が必要なら即日融資

急な出費で、現金を用意する必要がある、という場合は、早めに申し込み手続きを行うことが重要です。営業開始時刻よりも早い段階で、ネットから申し込みを行っておきましょう。また、借入金額は最低限度の金額に抑えておくことで、審査時間を短縮することができます。借入金額を高く設定すると、収入証明書の提出が必要になってしまい、審査に時間がかかってしまいます。

 

審査が通ってしまえば、残業で仕事の帰りが多少遅くなっても大丈夫です。帰りに自動契約機に立ち寄って、キャッシュカードを受け取れば、キャッシングすることが出来るからです。自動契約機の営業時間は、設置場所によって時間が異なりますので、場所と営業時間は予めスマホで確認をしておくとよいでしょう。銀行振り込みによる融資を希望される場合は、14時までに手続きが完了するように、早めに申し込みを済ませましょう。

 

勤務先への在籍確認

勤務先へは、担当者名で電話がかかってきます。電話がかかってくる時間帯などについては、事前に担当者に相談をすることができます。電話で話す内容は、「〇〇さんですか」「はい」と、いったような簡単な内容で、銀行のように、生年月日を言わされるることはありません。また、電話による在籍確認以外の方法を希望している旨を伝えると、収入証明書などの提出にて、在籍確認としてもらえます。

 

どうしても電話は、無理という人は、書類提出を希望することをお勧めします。そのためにも、事前に源泉徴収票などの画像を撮影して、すぐに送信できるようにしておきましょう。本人確認書類も、事前に撮影しておくとスムーズに手続きを行うことが出来ます。

 

アイフルの公式サイトはコチラ

 

アイフルと他社の審査を比較!

 

審査がスピーディーで利用しやすいのがアイフルですが、他の消費者金融の審査と比較してみました。

 

消費者金融

審査時間

来店

在籍確認

アイフル

最短30分

不要

電話

アコム

最短30分

不要

電話

プロミス

最短30分

不要

電話

モビット

最短30分

不要

Web

 

アイフルのメリット

アイフルを利用するすることには3つのメリットがあります。迅速な申込み手続きと、目的に応じた多様なサービス、さらにプライバシーに対する配慮です。

 

アイフルでは様々な手段でキャッシングの申し込みが可能となっており、パソコン、スマートフォン、自動契約機や電話による申込みで即日融資を受けられるようになっています。

 

特に注目すべきは自動契約機です。夕方に申し込んでも自動契約機を利用すれば、即日でローンカードを作成でき、その場で融資を受けることができます。急な出費にもすぐに対応でき何かと頼りにすることができるのです。

 

またアイフルでは利用者の目的に応じた様々なサービスが提供されていることも魅力的です。借入限度額が決まっていて借り過ぎることのない初心者向けのサービスや、一定の条件を満たすことで最高金利を9.5%という低水準に抑えられるサービスや事業者向けのローンなども用意されています。

 

このようにアイフルでは利用目的に応じたサービスが提供されているため自分の目的に合致したサービスを選択でき、よりお得にキャッシングを利用できるようになっているのです。

 

さらにアイフルを利用しても、キャッシングの利用を家族に知られることはありません。キャッシングの利用が家族に知られると口論の原因になったりするためできるだけ家族に知られずにキャッシングを利用したいものですが、キャッシング会社から書類が自宅に送られてくると、キャッシングの利用が家族にバレてしまいます。

 

ここでアイフルではキャシングに必要となるローンカードを本人限定郵便で配送してもらえるのです。さらにローンカードを自動契約機で受けとることも可能となっています。また申込みの際に、郵送物を受け取らないようにすることも可能です。ローンカードを自動契約機で受け取れば、一切の郵便物が自宅に送付されるのを防げるのも、アイフルのメリットとなっています。

 

アイフルの公式サイトはコチラ

 

アイフルのデメリット

アイフルのデメリットを上げるとするならばそれは返済手数料に難があるということだと思います。アイフルでは、借入金を返済するための方法が複数、用意されています。アイフルでの返済方法は、以下の5通りの方法となります。

 

  • 店頭窓口での支払い
  • 銀行振込
  • 提携ATM
  • 自社ATM
  • コンビニATM
  • 口座振替(自動引落)

 

このように様々な方法で返済できるのは魅力的ですが、ここで問題となるのは手数料です。店頭窓口での支払いとアイフルATMの利用、さらに口座振替による返済では手数料を無料で行えますが、それ以外の方法では返済する度に手数料がかかってしまうのです。

 

アイフルではインターネットバンキングを利用した無料返済に対応してないため、自宅でパソコンを利用して返済すると手数料を支払う必要があり、その点がデメリットとなっています。

 

アイフルの公式サイトはコチラ

アイフルの金利について

キャッシングで借入れする際に重要なのが金利です。アイフルの場合、公式サイトには、実質年利4.5%〜18.0%となっていて、最高融資減額500万円までと表記されています。どうしても、4.5%とという数字に目が行ってしまいますが、10万円借入した際の金利は18.0%です。

 

返済時にいくら利息がかかるのか、心配な場合は、アイフルの公式サイトの「返すとき」をクリックして見て下さい。右側に「返済シュミレーション」が表示されます。支払方式、支払いサイクル、借入額、貸付利率を入力して、実行ボタンを押すと、すぐに返済金額を調べることができます。金利を見る時は、下限金利ではなく上限金利で判断すると良いでしょう。

 

アイフルの限度額について

アイフルで借入できる限度額は、最高融資額500万円までですが、雇用形態や年収、勤続年数によって異なります。初めてキャッシン利用する場合は、一般的に50万円以下となります。学生やアルバイトになると、10万円が限度額となります。最初から、限度額を高くして申し込みをすると、審査に時間がかかります。

 

最初は、最低限度の限度額で申し込みをして、後から限度額を引き上げてもらうようにするという方法が無難です。その場合は、最低でも半年間は、定期的に借入・返済を繰り返し、返済遅延を1度も起こさない優良顧客になることがポイントとなります。できれば、返済日よりも早めに返済をしたり、多目に返済すると印象が良くなります。キャッシングの審査に通っても、利用実績が無いと審査ができませんので、ある程度の利用実績を作ることが必要です。

 

限度額を上げる方法

アイフルの会員ページでは、残高の確認などの他に、限度額の増額申し込みができます。審査の際には、収入証明書の提出が必要となりますので、事前に源泉徴収票などを用意しておく必要があります。また、転職して仕事が変わっている場合は、事前に登録情報を変更しておこくことも忘れずに行いましょう。変更するのを忘れたままにして、増額申し込みをすると、心証が悪くなってしまいます。

 

それから、限度額増額の審査でも、信用情報機関をチェックされます。キャッシングの利用履歴が良くても、クレジットカード側で返済遅延や、多重申し込みなどが発覚してしまうと、審査に落ちてしまいます。他社キャッシング会社での借入額や、返済状況などもしっかり審査されますので、毎月の返済はきちんと行いましょう。また、審査の結果によっては、勤務先への在籍確認が行われる場合もあります。逆に、本人が希望していなくても、借入・返済履歴が優良だと、アイフル側で、増額してくれることもあります。

 

アイフルの公式サイトはコチラ

 

アイフルと他社の金利を比較

 

アイフルと同じくらい知名度の高い消費者金融で金利を徹底比較してみました。

 

消費者金融

金利

限度額

アイフル

4.5%〜18.0%

500万円

アコム

3.0%〜18.0%

800万円

プロミス

4.5%〜17.8%

500万円

モビット

3.0%〜18.0%

800万円

アイフルの返済について

アイフルでは、35日サイクル制と、毎月約定日払いの2つの返済パターンがあります。35日サイクルは、返済日の翌日から35日後が返済日となります。返済方法は、振込、専用ATM、店頭、提携ATM、口座振替などから選べるようになっています。

 

提携ATMから振込をする場合は、1万円以下108円、1万円超216円の手数料がかかります。手数料をかけずに返済するには、専用ATM、店頭、自動引き落としとなります。自動引き落としに変更する場合は、書面か店頭若しくは、会員ページからの手続きとなります。手続き完了までは、2ヶ月程度かかります。

 

利用可能なコンビニATM

 

  • 三菱東京UFJ銀行
  • イオン銀行
  • Enet(ファミリーマート、サークルKサンクス、ポプラ、スリーエフ、デイリーヤマザキ)
  • ローソン
  • セブンイレブン
  • 西日本シティ銀行
  • 親和銀行

 

他キャッシング会社だと、マルチメディア端末での返済手数料がかからない、というケースがありますが、アイフルの場合はLoppi・Famiポートでの手数料がかかりますので、気を付ける必要があります。

 

また、銀行引き落としだと、返済忘れを防ぐことができますが、取引履歴が残ります。家族に、キャッシング利用を知られたくない場合は、専用ATMからの返済が一番バレない方法となります。

 

アイフルの公式サイトはコチラ

 

返済日に間に合わない場合は

返済日までにどうしても間に合わない、という場合は、事前にコールセンターに電話をして、間に合わない旨を伝えましょう。いつであれば返済できるのかを伝えておかないと、悪質な信用情報機関に返済遅延として登録されてしまいます。その時は、平気でも後々、他社で借入をする際に、審査で時間がかかったり、審査落ちの原因となります。

 

アイフルの専用ATMと返済日

アイフルの専用ATMは、無料の駐車場を設置しているところもあります。車で、専用ATMへ向かう場合は、営業時間の確認だけでなく、駐車場の有無も調べておくと安心です。営業時間は、22時までのところが大半ですが、中には21時半までとなっているところもありますので注意が必要です。

 

また、返済日を35日制にしていると、利息を多く払うことにもなりますので、毎月決まった日に返済する毎月約定日払いを選択する方が、返済日をうっかり忘れてしまうことを防ぐことができます。返済方法の変更は、会員ページから簡単に行うことができます。また、返済日を過ぎてしまうと、延滞遅延金も請求されてしまいますので、しっかりと返済管理を行うことが非常に大切です。

 

 

アイフルと他社の返済を比較!

返済サービスが豊富なアイフルですが、他の消費者金融の返済システムはどうなっているのか比較してみました。

 

消費者金融

返済システム

月々の返済

遅延損害金

アイフル

元利定率リボルビング方式

4,000円〜

20.0%(実質年率)

アコム

元利定率リボルビング方式

3,000円〜

20.0%(実質年率)

プロミス

残高スライド元利定額返済方式

2,000円〜

20.0%(実質年率)

モビット

残高スライド元利定額返済方式

4,000円〜

20.0%(実質年率)