MENU

各雇用形態別で見る審査基準

アイフルにお申し込みの際は、社長・代表者・正社員・契約社員・派遣社員・出向社員・嘱託社員・期間社員・臨時社員、これらの雇用形態の中から自身にあてはまるものを選択して申し込みを行います。

 

パートやアルバイトの方の場合

 

安定的な収入を得ていると認められるなら、たとえ年収が低めのパートやアルバイトの方でも返済能力があると判断され、審査を通過することができます。

 

今はアルバイトだけで生計を立てているという方も多く、また正社員を上回る月収を得ている方も珍しくはありません。また、自宅が申込者のご家族やご両親の名義になっている持ち家である場合などは、返済能力や信用能力という面で有利に見なされます。

 

また、アルバイト収入100万円前後の兼業主婦の方や、フリーターで年収は50万円程度であるという方も、少額の融資希望の方が多く、その他の借り入れなどがなければ審査を通過できている事例もあります。

 

もし複数のアルバイトを掛け持ちされているのであれば、全てのアルバイトの年収を合算して申し込みましょう。全ての年収を基準に融資限度額が決定されるからです。

 

派遣の方の場合

 

派遣社員の方もやはり毎月の収入が安定していれば審査を通過することは十分可能です。また、現在の派遣先で長い期間勤めているなどの状況があれば、返済能力などの面で安心感を与えることができます。

 

さらに、社会保険に加入できていればなおのこと信用力が高まります。自分は派遣社員だから審査には合格できないのではないかとお悩みの方も多くいらっしゃいますが、あまり高額の融資を望みさえしなければ、年収に見合った融資枠が与えられることは期待できます。

 

アイフル公式サイトには申し込み前に借り入れ可能かどうかチェックできる「1秒診断」が用意されていますから、ぜひご活用下さい。

 

正社員の方の場合

 

キャッシングの審査には正社員という雇用形態はとても有利ですが、他の雇用形態に比べて年収が高めの方が多い正社員の場合、アイフル以外の金融会社からもお借り入れになっている方がしばしば見受けられるようです。

 

アイフル以外からの借り入れ件数が3件までであるなら十分審査に通過できる見込みはありますが、それを上回る件数の借り入れを行っていると多重債務と判断され、審査通過には不利になってしまいます。

 

許容範囲かどうかを予めご確認の上、お申し込み下さい。

 

どの雇用形態の方もアイフル申込前に知っておくべき重要事項

 

雇用形態を問わず、審査を受ける際はぜひ知っておきたい共通チェック項目があります。アイフルへのお申し込みをご検討中の方は、以下のような点を参考になさって下さい。

 

・他社からの借り入れ含め、総借入額が自身の年収3分の1を超えないような融資希望額で申し込む

 

・申込時、審査で有利に見なされる個人情報は漏れなく記載する

 

・申込前に公式サイトの「1秒診断」で借り入れ可能かどうかチェックする

 

審査完了までのスピードはインターネット公式サイトからの申し込みが最もスピーディーで、最短ならわずか30分ほどで審査結果が判明します。