MENU

申し込む時に必要になる書類

カード発行がスピーディーで、カード受け取り後はすぐに融資を受けられることから、店頭窓口や自動契約機からアイフルに申し込まれる方が多いのですが、その際本人確認に有効な書類は提出が義務付けられていますし、条件によっては収入を確認できる書類の提出も必要となってきますので、予め準備の上お出かけ下さい。

 

もしインターネットで全ての手続きを完了させる場合でも、必要提出書類についてはFAXなどで送らなくてはなりません。

 

では、どのような書類を準備すればいいのか見ていきましょう。

 

アイフルで本人確認書類として認められるもの

 

他のキャッシング会社よりも本人確認に有効とされているものの種類が多いのが、アイフルの特徴です。中でも、運転免許証と健康保険証、パスポートなどは本人確認書類として最もスタンダードで、すぐに用意できることでしょう。

 

また、そのほかにも顔写真入の住民基本台帳や公的証明書、外国籍の方なら外国人在留カード・外国人登録証・特別永住証明書などが有効です。

 

ただし、現住所が本人確認書類と異なる場合は、携帯電話以外の公的料金の領収書や印鑑証明書、住民票の中から任意で1種類、提出しなくてはなりません。

 

収入証明書として有効になるもの

 

アイフル以外からの借り入れと合算して100万円を超えるような融資希望額である場合、またはアイフル単体から50万円以上の融資を受けたい方は、申込の際に収入証明書類の提出が求められます。

 

以下の中からどれか1点をコピーの上、提出して下さい。

 

給与明細書(直近2か月分)

 

源泉徴収票

 

確定申告書

 

住民税決定通知書

 

所得証明書(前年度のもの)

 

他社からの借り入れについては3件までなら、アイフルでも審査対象となります。

 

借り入れ可能かどうかについては事前にアイフル公式サイトの「1秒診断」でチェックしてみて下さい。

 

必要提出書類を準備する際の注意点

 

提出した書類の文字が不鮮明であり、読み取りが不可能な場合、再提出を求められることになります。

 

コピーを取る際は文字が潰れたりしないよう、鮮明に取るように注意しましょう。