MENU

限度額増額の方法について

アイフルでお金を借りるときに、できれば予定額よりも多く借りられると安心です。しかし通常は希望していた金額を借りられるというわけではありません。ただ、一定の審査をパスすれば借り入れの金額を増額することが可能です。

 

アイフルでは一定の期間を経て申請すれば、借り入れの金額を増やすことができます。ではどういった手続きをすれば増額してもらうことができるのでしょうか?

 

アイフルでは増額審査というものがあります。この審査にパスすれば借り入れ金額を上げることができるようになります。この増額審査に必要になってくるのが「本人の属性」です。属性とは収入や勤務先の規模といった社会的立場のほか、居住形態や他社への借り入れなどの信用情報などが挙げられます。

 

とくに転職による会社の規模が大きくなったり、役職についたといった収入の増加は重要視される点で、返済能力が高まったとして増額審査に通過する可能性が高まります。逆に本人の属性が下がったりすると、もちろん増額審査に通る可能性も低くなります。審査に通過して少しでも借り入れ金額をUPさせたい場合には、年収のUPが手っ取り早い証明となることは否めないでしょう。

 

アイフルの気になる増額申請方法とは?

増額の申請となると、なんだか細かな手続きなどが必要なのではないかと不安になりませんか?実はアイフルでは借り入れの増額申請の方法はとっても簡単に行うことができるんです。

 

パソコンやスマホといったweb環境があれば、その場で申請することができます。また店頭窓口やお客様専用ダイヤル、契約ルームなどでも申請を受け付けています。

 

具体的にはアイフル会員サービスにログインし、増額申し込み欄に申請します。ここで注意しておきたいのは、何度も返済が遅れていたり、他社で借りているローンの返済に充てることを目的とした申請はできないという点です。

 

将来増額を希望しているのであれば、絶対に返済の遅延は避けるべきで、借り入れの金額や回数に限らず、1回返済を遅延したという事実があるだけで増額の申請には不利になるからです。これはアイフルに限ったことではなく、他社でも言えることなので注意が必要です。

 

また、アイフルの場合融資の上限は500万円までになっていますが、いきなり上限まで借り入れ金額を増やすことはできません。収入や返済状況を加味した上で、増枠してもらうことができるのです。返済が遅れないためにも、給与口座といった口座振替をあらかじめ設定しておくと安心です。

 

アイフルでは書類の提出など審査基準も設けられている

借り入れ金額の増額を申請するといっても、社内規定に基づいた審査基準が設けられています。それにパスしなければ、増額してもらうことができません。

 

例えば50万円以下の借り入れであれば収入証明などの書類を提出する必要はありません。ただこれを超える借り入れを希望する場合は、収入証明などの公的書類を提出しなければなりません。

 

また総量規制によってその人の収入の3分の1までしか借り入れすることができません。もちろん勤務形態やこれまでの返済状況、遅延がないかどうか、さらに他社への借り入れの有無といった社会的信用も審査されます。

 

審査方法は簡単ですが、審査に通過するかどうかはその人によって違うので、増額を希望している場合はこうした点をチェックしながら審査に不利にならないよう期日内の返済などを心がけるようにしたいものです。